【歌词】还是渣翻

每次点开主页听到这首歌还是非常心酸。


「隅田川」

作词∶秋田ひろむ

作曲∶秋田ひろむ

歌∶amazarashi

面映ゆい思い出一つ 纽解く手が震えています

害羞的回忆之一 解开衣带的手颤抖不已

幸せとは つまり つまり あなたのことです

所谓幸福 也无非 也无非就是你

古い歌口ずさむたび それと见纷う面影を见る

每次哼唱古老的歌谣 总会错看见你的样子

さわれないなら いっそ いっそ 消えてください

倘若无法触碰 倒不如 倒不如 就这样消失


日暮れて 连れあう街に蝉时雨

黄昏时分 街道交错 蝉鸣如雨

繋いだ手と手を离さなきゃよかった

真希望分开的手依然紧系

仆を支えてくれていたのは いつだって

一直以来支撑着我的 就是你


笑いあう喜びでした 许しあういたわりでした

相视而笑的喜悦 彼此宽容的怜恤

见落としそうな程小さな 特别达でした

渺小到被忽略的 特别的过去

隅田川花火が咲いて 

隅田川花火正绽放

散るまでには会いに行きます

在消散之前去见你

移ろう季节の真ん中で全てが绮丽だった

正值季节更替 万物都如此绮丽



浴衣帯 盆提灯が照らしだす 朱色の影絵

浴衣腰带 盆提灯照亮的 红色影画

心の中 ずっと ずっと 张り付いてます

在心中 一直 一直 缠绵不去


変わらない町并みふきだした二人

一成不变的街景 浮现的两个人

変わっていたのは仆等だけですね

变化着的只有我们而已

日々を鲜やかに変えていたのは いつだって

一直以来让岁月变得鲜明的 就是你


重ねあう优しさでした 言い合える绊でした

彼此付出的温柔 互相倾诉的羁绊

忘れてしまう程些细な 特别达でした

细微到被忘记的 特别的过去

隅田川花火が咲いて 

隅田川花火正绽放

散るまでには会いに行きます

在消散之前去见你

移ろう季节に留る事できないと知りながら

虽然知道季节更替永不止息


火影に群がる虫として

如同小虫在灯影下群集 

仆はあなたに焦がれて

我是如此地渴望着你

幼い强がりかなぐり舍てて

丢掉自己幼稚的逞强 

素直になれたらそれで良かったんだ

真希望能够变得坦诚啊


本当に欲しかったのは 

真正想要的

そこにあった笑颜だけでした

只是近在咫尺的笑颜

それだけで仆はどこまでも

只是如此我就可以 

行ける気がしてたんだ

去往任何地方无所畏惧

隅田川花火が咲いて

隅田川花火正绽放 

その真下で出会いと别れ

在那之下我们相遇又别离

あなたがくれたその全てに

对你给我的一切 

ありがとうって闻こえますか

说声谢谢 你听到了吗

评论

© バカモノ | Powered by LOFTER